良いお年を・・・

2016年12月
--------------

みなさま・・良いお年を・・

vivi-230.png


ビビの頻尿と消えたトゥム

2016年12月
--------------
そういえば、少し前、ビビが病院へ行きました。

何度も何度もトイレに行ってはおしっこをするビビ。

vivi-220.png

でも、みるとほんのすこしだけ出ているか、何も出ないか状態。

vivi-221.png


出なくて困った顔でトイレから何度も戻るビビ。

SUBシステム手術を受けた後は、ちゃんとおしっこも出ていて、血尿でもなかったのに。
今は血尿ではないけど、これはただ事ではないと、病院へいかなきゃ!と思ったが・・
今日は仕事で手術をうけた病院までは遠すぎていけない・・そしていつもお世話になっている病院は今日は休診日。

最悪・・・。

とにかく診てもらえる病院を探しました。SUBシステムの術後の状態がわかる病院じゃないとダメ。
設備の整っていそうな病院へとりあえず何軒か電話してみました。
その中のひとつの病院で、診れますから連れてきてくださいと言われ、速攻でビビを連れて行きました。

予想をはるかに超えた設備の整った病院・・。(すごい・・)
30分くらい待って診察してもらいました。
結果は、膀胱炎。

SUBシステムでお腹に入れた管が、膀胱内で移動して、どうも時々まわりの部分に触れるらしいのです。
触れた部分が炎症または刺激になって、残尿感となり、何度もトイレに行くとのことでした。

vivi-219.png

血尿もないし、しばらくしたら、落ち着くそうなので「様子を見てください。」と言われ病院を後にしました。
こちらの病院がまた最新の設備なのか、レントゲン・エコーがすごい!
SUBシステムの状態がはっきりと写ってる!いやぁ、ここまではっきりと見えたのは驚きでした。
まぁ、診察料もこれまた驚きの玉手箱!!いつもの診察代の3倍!(ひえっ!)
診察してもらった内容は普段と同じ。いろいろあるのだと勉強になりました・・。
※ その後、手術してもらった病院で再度診察。結果は同じでした。現在はすこし落ち着いてます。

今年もあとすこし。我が家は今日は大掃除でした。

ネコトイレを掃除した後、まわりをうろうろするトゥム
vivi-225.png

のんびり寝てるティコなんだけど、なんかへん(笑)
vivi-226.png

お猫さまたちはバタバタする下僕を横目でみながら、の~んびりと過ごしていました。

それがなにより。のんびりするお猫さまがいるのが下僕のしあわせです。


大掃除しているとき、なにかが反射して光が壁にあたっていたら・・
vivi-222.png


vivi-223.png


ソファの向こうに消えていきましたとさっ(笑)
vivi-224.png

こんなお茶目なあなたたちを見ることができる日々・・。

下僕(飼い主)は、あなたたちがそばにいることがしあわせなのです・・・。


vivi-228.png



おハゲビビ様と器用なトゥムたんⅡ

2016年12月
--------------
貧血のときにアレルギーで出来たおハゲが、まだ治らない。

毛が生えないなぁ・・ いつ頃生えてくるのかなぁ? はやく生えてこーい!
vivi-218.png


おハゲビビ様といえば・・

彼女は、夜寝るときは腕枕をしないと寝ない・・(眠れないらしい)


朝までず~っと腕枕状態・・。朝起きると腕がしびれて痛い痛い・・。

vivi-209.png


こんなに腕が痛くなるほど尽くしてるいるのに・・
彼女は朝までこちらを向いて寝てはくれない・・・(泣)

vivi-210.png
いつも、背中がかわいいですよ・・ビビ様・・(下僕・・悲)



そんな我が家の出来事「トゥムたんのいたずらパートⅡ」を書いてみました。

いたずらをはじめるときの彼はイキイキしてるんですよ。


リビングの扉を見つめるトゥム

vivi-211.png


ドアノブに勝った彼。きっとここにも勝てるはずと思ったに違いない・・
vivi-212.png


できるでっしゅよ~勝てるでっしゅよ~
vivi-213.png
思いっきり、扉のすき間に手と爪を入れてガッシュガッシュするトゥム


フンっ!!!
扉の向こうから見た図(予想図)
vivi-217.png
力技で開けるトゥム・・なぜできる??


するするっとなぁぁ~
vivi-214.png
はぃはぃ・・開けるんですね・・開けましたね・・ははははは


ぼくは~ぼくは~、できるんでっしゅ~♪
vivi-215.png
毎日、気が付くと開けている・・。やめてください・・。


開いてる扉に気が付くおねぇさま方・・・


ビビ 「あら、開いてるわ!できたじゃない!」 

ティコ 「開いてるわね! やればできるじゃない!」

ビビ&ティコ 「ささっ、行きましょ!さささっ、行きましょ行きましょ!」

vivi-216.png
そして、全員とびらの向こうに消えていったとさっ! はぁーこりゃこりゃ!



ねぇ、「トゥム様、飽くなき探求心をすこし抑えてくれませんか?」


猫あるある

2016年12月
--------------
年明けに血液検査があるので、心配ではあるのですがビビのこんな寝姿を見るとうれしくて涙腺がゆるくなりますね。

vivi-206.png

猫の貧血のときは、耳が白くなる・肉球が白っぽくなる・歯茎が白くなる・・などなどいろいろありますが、
今のビビ様の状態をみると、「うーん、よくわからない・・」です。

vivi-204.png

白いような??  やっぱり白いような? もしかして気がつかなかっただけで、「ビビ様、日頃から白いのかぃ?」
いつも、アルプスの少女ハイジのヨーゼフみたいな歩き方してるから、肉球つかってない?(笑)

vivi-205.png

しばらく毎月、ビビの耳・肉球・歯茎の写真を撮って比べてみないといけないですね。


ビビの寝顔見てたら思い出しました・・。 ビビが6.2キロくらいあった頃の思い出。


【猫・あるある】

注) AM 2:00 です!
出窓でさわぐビビ。うんこハイでしょうか?!
えぇ、嫌な予感しかしません・・・。

vivi-119.png


出窓から軽やかにスタートダッシュを決めるビビ様!
vivi-201.png


いやっほーーい!! 高さ1m以上のところから、盛大にジャーーンプ!
vivi-200.png


注) 実際は、4点倒立です。4本の足がみぞおちにナイスシューーート!
vivi-203.png
しばらく息ができません・・。



すごく満足そうにお立ちになるビビ様。もう、意味がわかりません・・。
vivi-202.png
びっくりするほど痛くて、目からしばらく星がチカチカ見えるんですよ。


きっと、世にいる猫飼いの下僕さんたちには、身に覚えのある出来事なのではないでしょうか・・?


【追記】
vivi-207.png



猫の保定

2016年12月
--------------
猫の腎不全につきものの輸液。

我が家は毎回、てこずっていました。
前にも書きましたが、お猫さまが、この輸液・・大っきらいなのです。

・嫌がる
・怒る
・暴れる
・逃げる
のてんこもり。

vivi-114.png


保定袋は無理だった。
洗濯ネットもダメだった。
服を着せてみた。ダメでした。(泣)

最初のころ、あまりにてこずるので、どうしたものかとラッシャー先生に聞いてみました。

そういえば、「あの、ティコちゃんを先生はほいほいと扱えているではないですか?!」と思いだしたのですよ!
ビビもトゥムも病院ではおとなしく、借りてきた猫状態ですが、ティコちゃんは違う・・・ティコちゃんはライオンだ。


先生に説明し、教えてもらいました。

【病院での輸液のときの保定の仕方】

vivi-115.png

・体は猫にくっつけておくとよいとのこと。

・猫は肩と足の付け根をおさえると身動きがうまくとれなくなるそうです。

・押さえつける際に、体を猫にフィットさせることによってすき間がなくなって、ますます動けなくなるらしい。

・我が家はこれだけで、毎回輸液の時に逃げられずに済んでいます。


※ 場合によっては、この体勢でも動いてしまったりして、うまくいかないこともあると思います。
いろいろ試してみないとダメってことですね。(後、見た目がかわいそう・・・ごめん、ビビ・トゥム)



我が家は嫌がり方が半端ないので、仕方ないのですが・・・

vivi-116.png



ごめんよ、トゥム・・

vivi-117.png


ごほうびに、終わったらビビとトゥムの好きなカリカリ一粒あげてます。


vivi-118.png
あたちも、もらってます!





器用なトゥムたん!

2016年12月
--------------
トゥムたんは、とっても器用です。

腎不全用のお薬(フォルテコール)とサプリ(ネフガード)を毎日、飲んでがんばっているわけですが、
でも、そこはやっぱりお猫様! 無理やり、飲ませられるのは気に入るわけがない。
逃げます(笑) 

注)輸液のときは、怖すぎて、観念して固まる・・

最初、お薬など飲ませるときは、あらかじめ他の部屋に逃げ込めないように、ドアを閉めておきました。
でも、「はぁぁ~ちょいちょいっとなっ!」と、彼は器用に開けてしまうのでした!(あらま、びっくり)

飛びついてノブにつかまって、ちょいっと開けます。
vivi-110.png


ほいさっ
vivi-111.png


他の猫ちゃんが開ける話は聞いたことはあったのですが、まさか我が家でもやられるとは思っていませんでした。


ならばと、ドアノブの位置を変えてみました。
vivi-109.png


ですが・・・無駄でした・・。 お猫さまは、一枚も二枚もうわてなのです・・。



彼は開けられそうな取っ手にとにかく立ち向かい、挑戦する子だったのです!

vivi-96.png
でも、そこは取っ手じゃないよ(笑)


じゃ、こーするでしゅーー!

vivi-98.png
取っ手逆向きに回してるしー!


ちょちょいのちょいっで開けるでしゅよー

vivi-97.png
器用だね、トゥムたん・・



ドアをあけて、逃げ、負けない宣言をするトゥム

vivi-112.png



でも、必ず捕まります・・・(笑)

vivi-113.png

ちゃんとお薬飲もーねー!トゥム!


Merry Christmas

2016年12月
--------------

c-1

ビビの寝姿

2016年12月
--------------
最近は調子が良いのか、結構すてきなお姿で眠るビビ様。


香箱で眠っていると具合が悪いんじゃないかと心配で、夜中何度も起きてしまう・・。
でも、こんな姿だとすこし安心する。だって幸せそうだもん・・・。

vivi-104.png



術後のお腹。たるったるんだけど、ちょっとだけ毛が生えてきたみたい。たるんっ!

vivi-103.png


ビビがおもちゃで遊ぶようになった。
今までは他の子たちに見られると恥ずかしくて、なかなかおもちゃに手をだせなかったんだけど、ちょいちょいハミハミしながら遊んでる・・。

やせて身体がかるくなったせいもあるかもしれないけど・・入院してあまりにも寂しかったから、恥ずかしがって遊ばないなんて損だと思ったのかな。とにかくうれしい出来事です。


だからって、あたちで遊ばないで(怒)

vivi-108.png

ビビたちの輸液事情

2016年12月
--------------
どうも、昨日ちっこテロを暴露されたトゥムです!

vivi-93.png


我が家は、腎不全のためにしている輸液は、自宅でしています。
トゥムが、こわがりヘタレくんなので病院に常に行くのはかわいそうで、なるべく家でやりたいのと
とにかくやっぱり経済的に楽です。


輸液セットはこれ。 これを月に10セットくらい病院から購入してます。
vivi-99.png


輸液するときになるべく早く入れてあげようと、最初は手でがんばって点滴液をゴシュゴシュ押していたのですが、
病院で加圧バッグを使っているのを見て「これは何?」とさっそく先生に聞き、ネットでポチポチ購入。


これが楽ち~ん!?

vivi-100.png

これがとっても楽!手が痛くならない!そして早い!点滴が落ちる速度がもう早い!
今はこれがないとたぶん、下僕(飼い主)もお猫さまも耐えられないでのはないかしら?


でも、やっぱりビビは輸液が大っきらいで、逃げまわります。
vivi-105.png
逃げ足はびっくりするほど遅い。速攻で捕まる。




トゥムに関しては、家でしてもこの通り・・固まります(笑)

怖くて怖くてもう、ガッチガチ。
vivi-106.png
固まったまま連行されます。ほとんど無抵抗です。





かわいそうだけど、輸液がとっても有効なら、するしかない・・。「ごめんね・・」と言いながら、
追っかけて捕まえる下僕(飼い主)・・申し訳ない・・。


なるべく手際よくして、時間短縮で終わらせようと努力はしてみた。
点滴針を刺す場所に目印をつけ、なるべくささっと刺して、痛くならないようにとトゥムを禿げさせてみた(笑)



ぼくが禿げただけじゃーーーん!

vivi-94.png




針を刺す場所、トゥムたん黒いし、誰かさんと違って痩せてるから皮膚がなかなか伸びなくて、むずかしいんだ・・(笑)

vivi-107.png




トゥムたんのちっこテロ日記

2016年12月
--------------
我が家には、3匹のお猫さま(すべて闘病中)がいらっしゃいます。その一匹は、げに恐ろしきチッコテロリストなのです。

彼は、仕事場の近くの駐車場で鳴いていたところを見つけ、保護しそのままうちの子になりました。

甘やかされ放題の末っ子で、いつの間にか、トイレでするよりも、ふわっふわの場所ですることの幸福感をあじわってしまった子なのです・・。

vivi-92.png


トゥムは、健康診断の時のエコー検査・尿検査で初期の腎不全が見つかってしまいました。

SDMA検査という腎機能マーカーをしてもらい、早期に発見することができたのです。


腎機能マーカーとは腎臓の機能の低下を早期に発見するための検査です。

一般的に病院でよく検査される腎臓の検査はクレアチニンが多く、腎臓の機能が75%以上失われないと異常が出てこない。

SDMAというバイオマーカーで、SDMAは腎臓の機能が40%以上失われた段階で異常が出てくるとのことなのです。

今までの腎機能マーカーや尿検査よりも早期に慢性腎臓病を発見できる検査。

vivi-87.png


このSDMAでは、CREに比べて17ヶ月早期に腎不全を発見できると言われているらしいです。

他の検査と併用して腎機能を評価して、早期発見・予防につながれば、きっともっと頑張れるネコちゃんがいっぱい
いるはず。

うちのトゥムも早期発見のおかげで、すぐに治療開始。

フォルテコール・輸液・サプリです。


発見から継続して治療をし、今では、腎臓の数値もすごくよくなって、数値的には基準値内にちゃんとおさまるようになりました。

BUN:20.2
Cre:1.6 くらいに。

もちろん、数値が良くなっても腎不全にはかわりないので、お薬・サプリ・療法食・輸液は続けています。
(お薬と輸液は先生と相談しながら、このまま続けるか検討中!)


超ド級のこわがりヘタレくんなので、病院では石になり、家で輸液などをするときも石になり、ガッチガッチです(笑)

こわいんだよね、トゥム。ごめんね、でもがんばろうね。失われた腎機能はもう戻ってこないの・・。

だから、腎臓は今の状態でず~っと動いてて欲しいんんだ・・・。

下僕の(飼い主)の勝手なお願いでごめんね・・。

でも、トゥムも毎日走りまわっていたいよね・・(笑) だから、がんばろうね。


そして、ずっと元気いっぱいで、甘ったれでかまってほしくて、くっついて歩いていてね。


だが・・・・・・・しかーし、しかーし、しかーーーしっ、

彼は、要求が満たされなくて、さみしくなったり、何か気に入らないことがあると、ちっこテロに一生懸命、励んでしまうのです。


歩くとちっこテロにあたる。
vivi-91.png


ずっと元気がいいけど、ちっこテロはやめて・・・。かわいくてしょうがないんだけど、テロはやめて・・・。

あんまりいろんな場所でちっこテロされると家の中歩くのがこわいんだぜ・・。



ソファはすでに彼のトイレと化した・・・
vivi-90.png



おかぁちゃん、毎日ヒヤヒヤもんなんだぜ・・ソファに座る時・・カーペット歩く時・・何かものを使う時・・・



ティッシュの箱へナイスい~ン!
vivi-88.png




母からもらった大事なふっっっとーーーーーーんっっ
vivi-86.png



Noォォォォォォォォォーーーーーーーーーーーッッ!!!



vivi-89.png

ランキングに参加中です。
応援・ポチッ♪とお願いします。
プロフィール

NYARO

NYARO
ビビティコトゥムの母




NYARO
ビビのプロフィール
2008.1.17生まれ
性別:♀
性格:神経質なツンデレ
体重:4.75kg(2017年2月)




NYARO
ティコのプロフィール
2010.3.15生まれ
性別:♀
性格:好奇心旺盛な元気っ子
体重:6.2kg(2017年2月)




NYARO
トゥムのプロフィール
2012.8.20生まれ
性別:♂
性格:超へたれな臆病くん
体重:4.4kg(2017年2月)




NYARO

アラン・ペルのプロフィール
2008.7.15生まれ
性別:♂
性格:優しい優しいお兄ちゃん
体重:5.2kg
----------------------
2014.9.17 永眠しました。
リンパ種でした。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングに参加中です!